【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

メンタリストDaiGoさん、パレオな男の鈴木祐さん、ハイパーメディアクリエイターの高城剛さんを情報源としたメタ情報ブログ

自分の「得意」がわからない人のための「ストレングスファインダー」入門講座

 

 

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

最近では口に出してもそんなに怒られることのなくなった「好きを仕事にしていく」

 

YouTuberを筆頭に、自分の好きなことで生計を立てたいという方は結構多いのではないでしょうか。

 

f:id:TakashiKadomatsu:20190915203658j:plain

みんな違ってみんな良い

 

しかし、「好き」が仕事のパフォーマンスや幸福度を上げる、というのは科学的には証明されていないんです!

 

仕事のパフォーマンスや幸福度に影響するのは、実は「好き」ではなく「得意」の方だったんです。

 

今回は自分の「得意」を見つける診断ツール「ストレングスファインダー」の入門です!

 

「得意」って意外とわからない?

「得意がよく分からない人」というのは、意外と多いのではないでしょうか?

 

ボクもストレングスファインダーで診断を受けるまでは、自分の得意の方向性がいまいちわからず、空回りをしていたような気がします。

 

 

みなさんはご自身の経験の中で、「これは得意だ!」と感じたものはありますか?

 

得意とはそもそも何?

そもそも「得意」とはいったいどういうものを指すのでしょうか?

正解はおそらくないのでしょうが、個人的な知識と経験則で条件を整理してみるとこうなります。

 

 

得意の条件1:やっていて苦じゃない

ほとんどの活動はやっていると何かしらシンドい思いをするのですが、それがほとんどないような活動です。

 

得意の条件2:没入感がある

「時間が経つのも忘れてやってしまった」という経験があると思いますが、そういったものはこの条件に当てはまる可能性が高いです。

 

 

得意の条件3:他の人よりも比較的優れている

「得意=優れている」というイメージもありますが、スキルの練度は積み重ねた努力しだいなので、多少優れていれば条件はクリアだと思います。

 

ということで、得意をまとめると「とても集中して取り組めて、他の人よりも苦に感じずそれなりの優れているもの」ということになります。

 

そうは言われても思いつかないという人が大半だと思いますし、だからこそ画期的な科学の診断ツール「ストレングスファインダー」を紹介する記事を書いたしだいです。

 

 

科学で自分を解き明かす時代

ということで、以前もご紹介したかもしれませんが、ストレングスファインダーのご紹介です。

 

 

 

この本には、自己診断ツールを1度だけ利用できるパスコードが付いていまして、この診断ツールこそがメインとなる本です。本は分厚い説明書みたいなものですね。

 

科学的なロジックで設計されてますし、実際やってみると本当に当たっているので、それなりに信用できるツールだと思います。

 

診断方法そのものは簡単で、特定のWebページにアクセスし、設問に答えていくだけです。まぁこの設問がちょっと難解なので、活字が苦手な人は制限時間が足りないかもしれません。

 

本を読むのは後回しにして、とりあえず診断を受けてみましょう。

 

自分の強みを全部で5つ教えてくれますので、結果が分かったらそれらに関する説明を読むだけでOKです。

 

では、その5つの強みを過去の自分をもう一度照らし合わせてみてください。もしかすると思い当たる節が出てくるかもしれません。

 

 

 

診断された5つの強みをご紹介

せっかくなのでボクの結果もお話しておきましょう。

 

ボクの強み1:「収集心」

実はボク、子供の頃すごい収集癖がありまして、興味があるものは片っ端からコレクションしていました。

 

当時ハマっていた食玩や、化石、何かの部品、友達の家からこっそり持ち帰ったビー玉、道で拾った鍵・・・などなど全くもって意味不明なコレクションでした。

 

さて、そんなボクの強みの一つ目は「収集心」です。

 

今では物質的な収集心はあまりなく、最近は知識や経験のコレクトが主な行動の源泉になっている気がします。

 

まさか強みだったと思いませんでしたが、科学的に言われれば仕方ありません。心置きなく集めるしかありませんね!

 

ボクの強み2:「個別化」

ボクは小さい頃から奇妙なものが好きで、古生代の生きる摩訶不思議な生き物から、微生物、昆虫、深海生物と奇天烈なものを寵愛する傾向がありました。

 

これは「個別化」と呼ばれる強みで、物事のユニークな側面に惹かれるためだったんですねー。知りませんでした。

 

幼少期のトラウマとも呼べる「エイリアン」ですらも、その造形と生態に惹かれ、なぜかグロテスクなフィギュアを持っていました・・・夜になると近寄れないのにです。

 

今でおH・R・ギーガーの作品は好きですね。何とも言えないな気分になりますが。

 

ボクの強み3:「学習欲」

それから今でも自覚している「飽き性」。このブログのタイトルにもある多動性の所以でもありますが、これは「学習欲」がトリガーとなって起こるボクの生理現象?です。

 

学習欲というのは、好奇心という表現に置き換えることができる強みで、結果よりもそのプロセスを重視します。

 

成果が出ていなくても「こんなもんか」とある程度のところまで分かってしまうと、とたんに興味をなくしてしまいます。

 

子供の頃からゲーム自体はやっていないのに、なぜかラスボスの倒し方や裏ボスを出す条件を知っていたり、持ってもいないゲームの攻略本まで持ってました。

 

これはゲームをクリアするという結果よりも、その過程や背景に興味があったらからなんだと思います。面白いですねー。

 

ボクの強み4:「着想」

「着想」という強みですが、これは異なる2つの要素を結びつけることに長けている能力です。平たくいえばアイディアマンですね。

 

これは今でも健在で、実社会でも割と評価してもらっている側面ではないかと思っています。漫画や映画で伏線を自分なりに回収するのも好きですね。

 

ボクの強み5:「着想」

そして最後にそれぞれの強みを土台で支えてくれているのが「内省」です。

 

これは自分との対話が得意という強みなんですが、この強みのおかげでさらに自分の強みを深掘りできている実感があります。

 

自分という人間の形成に一番影響したのは内省スキルだと思いますね。

 

 

という事で、ボクの強みは「収集心」「個別化」「着想」「学習欲」「内省」の5つということになります。

 

かなり内向的な要素に偏った感じがしますが、一言で言い表すなら「好奇心」がボクの強みなのだと思います。

 

 

 

すべての人に受けてほしい診断ツール

これまで長所だと思っていなかった側面が、強みだったりすることが多いこのストレングスファインダー。

 

あまねく多くの人に受けてもらい、自分の個性と有用性を再確認してもらいたいですね。

 

 

ノブレスオブリージュ 今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネ 門松タカシ