【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

失ってから気づくカフェイン中毒の怖さ(1日2杯〜3杯でもなるという恐怖)

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

f:id:TakashiKadomatsu:20180713212421j:plain

 

みなさんは自分が「カフェイン中毒」だと思いますか?

 

「中毒って禁断症状とか出るの?別にそういうのないからなぁー」

「そんなに大量に飲んでないし大丈夫。1日2〜3杯程度だし。」

「コーヒーは好きだし昔から飲んでるしねー」

「夕方からは控えてるから大丈夫でしょ」

 

なんていう認識をもっている方は、ご安心ください。

 

かなりの確率で中毒になっていると思いますw

 

というのも、これはボクが思っていたカフェイン中毒への感想というか意見で、むしろコーヒーは体に「良い飲み物」に分類して適正量まで飲んでOKにしていました。

 

カフェイン断ちに挑戦したら…

しかし、ちょっと前のパレオさんのブログでもカフェイン中毒のエントリーがあり、割と最近読んだ睡眠の書籍にも「カフェイン断ち」について記述があったので、「まさかねー・・・ははっ」と1日だけノーコーヒーデイを設けてみたら・・・

 

メンタリストDaiGoさんも参考にするすごいブログ「パレオな男」

yuchrszk.blogspot.com

 

カフェイン断ちを推奨していた睡眠の本 

激しい頭痛と眠気に見事襲われましたw

 

カフェインを失って初めて気がついたのは、自分がカフェイン中毒だったということです。

 

「俺ツェー」バイアスにまんまとハマる

実はカフェイン中毒という自覚症状ははっきりと感じておらず、なんとなく最近疲れが抜けない、睡眠が浅い気がする、などを漠然と感じていただけ。

 

一般的なサラリーマンであれば誰しもが感じているような疲れという認識でした。

ちなみに一番のきっかけは、「最近コーヒー飲んでもなんだか美味しくない」でした。

 

人間という生き物は「自分は特別な存在で例外的」だと思いたがる生き物なので、

今回はまんまとバイアスがかかって中毒状態になってしまいましたね。反省反省。

 

 

セルフチェック方法は離脱症状

さて中毒に気づくためには、離脱症状の有無をチェックするのが分かりやすいです。

 

パレオさんのブログに詳細はありますが、症状を簡単に説明すると「頭痛」と「眠気」です。

 

普段からあまり頭痛を経験しない方でも、後頭部にわたって継続的な頭痛が起こる可能性があります。

 

これはカフェインによる血管収縮作用が消えるため、元に戻った際に血流量が増えるために起こる現象だとか。

 

これまでの蓄積と、遺伝的な個人差によって症状の種類や重さは違うと思いますが、カフェイン断ちをしてから、翌日くらいから症状が出始めます。

 

ボクのピークはパレオさんと同じ3日目で、頭がボーッとするくらい頭痛がしまして、脳の処理スペックも落ちました。

 

特に「思い出す」という作業に時間がかかったのが印象的です。

 

頭痛と眠気の嵐の先には光が

しかし3日目の夕方からは急激に状態が良くなり、仕事上がりにも関わらず、やけにスッキリした気分で「まだまだ働けるぜ!」くらいの状態になりました。

ちなみに回復速度も人によってさまざまですのでご注意ください。

 

こうやって前後の状態を比較してみると、コーヒー党を貫いていた頃より明らかに全般的に良くなっている印象です。

 

まさに「QOLが向上した!」という感じですね。

 

まさかここまでとは(ここまで自分がカフェインにヤられていたとは)・・・

ほんとうに驚きです。

 

このくらいの量、でもなる人はなります

ちなみに今までのボクのコーヒー摂取のタイミングと量はこんな感じです。

 

<朝>

 1.起床後に1杯(ドリップ) 

 2.出勤後に追加で1杯(ドリップ)

 

<昼>

 3.お昼寝後に1杯(ドリップ)

 

お金をあまりかけたくないので、Amazonの定期お得便でドリッパータイプを購入し、

これを平日は1日3杯、休みの日は朝と昼の2杯にしていました。

 

どうでしょう?割と一般的な量じゃないかなと思います。

 

何にでも個人差はあるのでご注意

ただし、ボクと同じ量でも「中毒になるならない」は遺伝子で決まります。

 

カフェインへの感度が高い人ほど被害は甚大です。

 

遺伝子検査をするのもありですが、1日だけカフェイン断ちをすればだいたい分かると思いますので、不安な方や最近慢性的な疲れ・無力感のある人はお試しあれ。

 

ただ、飲むタイミングが習慣化されている人は、つい手が出てしまうと思いますので、ディカフェを用意すると抵抗なく「カフェイン断ち」ができますよ。

 

中毒にならずにコーヒーを楽しむ方法

今度から飲む量を考えるか、いっそのこと飲まないという選択も考えないといけないですが、冒頭で紹介した書籍に、サイクルについてヒントが書いてありましたので、引用します。

 

カフェインサイクル

1. 2日飲んだら → 3日休む

2. 2か月飲んだら → 1か月休む

3. 必要なときに限定する

 

ということで、要はカフェインをちゃんと抜く期間をもうけましょうということですね。

 

これはあくまでも目安なので、自分の体調と相談しながらお試しください!

冒頭の書籍はとても参考になったのでもう一度ご紹介!

 

ノブレスオブリージュ 今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

ハイキネ 門松タカシ