【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

自分の偏愛を愛でる コケとキノコに癒される人たちとボク

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

わたくし、大変にコケが好きな人間です。

道端でむくりとコケがあると、つい目がいってしまうくらいに好きです。

 

特に山間部の田舎だと、用水路あたりに生き生きとしたコケたちの楽園がありますので、見ていて飽きないですねー

 

偏愛の源泉を探るのも面白い

なぜここまでコケが好きなのは自分でもよくわかりません。

 

ひょっとすると菌類、地衣類、苔類に好意が持てるのは、宮崎駿監督のナウシカあたりが源泉かも・・・ほんと原作はぜひ読んでみてほしいです。

 

偏愛(インサイト)でつながる人たち

さて、業務の合間を縫ってYahooニュースを見ていたら、さっそくコケワードが見つかり仕事そっちのけで見てしまいました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

自分と似たような人たちがいるのを実感すると、なんだか妙な親近感が沸いてきますね。

 

最近書店を散策していたら、素敵なコケ本があり、いつか手に入れたいと虎視眈々と狙っていますので、備忘録と紹介がてら載せておきます。

 

もう本の表紙から手を伸ばさずにはいられない本です。

 

パラパラ見てみましたが、写真はキレイですし、作り方の方法も具体的に書いてあったように思いますので、苔を自宅で愛でたい方には大変にオススメの書籍です。

 

自分でも買ってみたらレビューいたします。

 

コケ好きでキノコ好きもけっこういるはず

あとわたくしキノコも大変に好きでして、キノコ系の本もつい手が伸びてしまいます。

買ってみて良かった本を1冊ご紹介。

 

「 なんでも美少女にすればいいと思いやがって」という方もいらっしゃると思いますが、これが絶妙なハーモニーを奏でた一冊です。

 

キノコの外見的特徴や名前、毒性などなど特徴をよく擬人化していますし、そのキノコが引用されている本のワンフレーズなんかが、ちょっと添えられているのもまたいいんですよね。

 

イラストのタッチも淡い色調で、いわゆる美少女というのとはちょっと違いますね。キノコの妖精といったイメージがよさそうです。

 

そしてブログを書いていたら、なんと続編が出ていたことに気が付きました!

 

 さっそく欲しいものリストにいれておきました。お給料日に買います。

 

自分でもキノコ狩りというかキノコ遊山をしてみたいと思い、月日が流れる日々ですが、今年こそはチャレンジしてみたいと思います!

 

あ、あとコケも!

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

ハイキネオーナー 門松タカシ