【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

【ニコ生DaiGoまとめ】短期間で成功の成果を手に入れるための「科学的勉強法」をまとめてみた

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

さて、勝手に師匠にしているDaiGo先生のニコ生放送を本格的にまとめていこうかと思い、あの手この手を駆使して頑張っています!

 

今回はそんな放送の中でも、すでにアーカイブ化され、再生数が最も多かった放送をまとめてみました。

>放送内容の総括

推奨図書として挙げられていた

実験心理学が見つけた 超効率的勉強法: 復習はすぐやるな! 思い込みで点数アップ!」

 

 

この著書の内容が中心となった放送です。

すでにお読みになっている方も、オーディオブック代わりに聞くことで、さらなる理解を深めることができますよ!

 

正直、学生の頃に知っていればどれだけ良かったことか・・・と思いましたが、社会人でも学習はふつうにしますので、今後有効活用していきたいと思います!

 

>放送内容構成

放送内容を分秒付きでご紹介します!DaiGo先生とお弟子さんたちの愉快なやり取りも楽しいのですが、ピンポイントで聴きたい方は目安にされてください。

 

また、当ブログでは回答を伏せた状態にしていますので、興味の沸いた方はぜひ会員になってご視聴ください。

 

放送URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1455265487

※会員の方以外は視聴不可です

 

お弟子さんのみなさまも、放送の内容を復習するのにはうってつけの内容になっていますので、ご覧になりながらぜひ回答を思い出してみてください!

 

0:35 分散学習のスパンの最適値とは?

学習方法には大きく分けると集中学習と分散学習の2つがあるそうです。

「理解できるまでガッツリのめりこむ」か「記憶に残るようにあえて日数を空けて復習」するかということですが、分散学習の最初に復習するタイミングを、試験日から逆算するといつのタイミングが最適なのかが科学的に分かっています。さてそれはどのくらいなのでしょうか?

 

 

05:09 小テスト効果について

学校でもよく行われる復習用教材としての小テスト。

実はこの小テスト、記憶定着度のチェックという側面以外にも、こういう使い方をすると、よりいっそう記憶の定着率が上がることが分かっています。ちなみにその効果は42日間経過しても記憶力が減衰しないという超強力なもの・・・・一体それは?

 

08:55 長期記憶に定着させるための復習スパンの最適値とは?

エビングハウス忘却曲線が有名なので、一般的には復習を繰り返すスパンはその回数に比例して空白日数も伸びるイメージですが、果たして科学的にはどうなのか? 

12:50 集中学習と分散学習の使い分けと切り替え

先ほども触れたとおり、それぞれの学習方法の違いはこの通り。

集中学習:理解するための学習。初回の理解できるまでの学習に最適。
分散学習:理解したことを記憶として定着させることに最適な学習方法。

さて、ではこの学習方法の切り替えは、第三者で判断してもらう方がいいのか、自分の勘で判断した方がいいのか?

 

17:45 復習回数に上限はあるのか?

復習はずっと繰り返していった方がいいのか、はたまたこの回数やれば記憶としては定着したとみなせるのかについてのお話。ちょっと意外な結果でした。

 

22:45 モチベーションを落とさない復習方法について

試験を行った後の復習方法と再試験のパターンを列挙すると

・全問復習し、全問再試験

・全問復習し、間違った箇所だけを再試験

・間違った箇所だけを復習し、間違った箇所だけを再試験

・間違った箇所だけを復習し、全問再試験

さて、この中でモチベーションが最も高く維持できた復習方法はどれか?

加えて総学習時間の差がどれだけ出るのか?

 

30:15 答え合わせの最適なタイミングとは?

「答え合わせ」ってふつうすぐにやりますよね?

それが記憶の定着に寄与しているのかを科学的に調査した結果・・・なんと!!

 

35:05 文系の宿敵「数学」を克服する合法的な学習方法とは? 

ボクはあることをキッカケに数学がキライになってしまったんですが、今からでも数学を勉強し直してみたい!

そんな人でもこの学習方法を使うと難なく解けるようになります!

加えてセンター試験などの対策方法についても触れていますので、学生さんは必見ですね。

 

44:00 系列位置効果を使ったちょっと変わった学習方法!?

系列位置効果とは初頭効果や終端効果など、物事の始まりと終わりに働く心理作用の総称です。

それらを応用して学習すると記憶の定着がより強化されるというお話。

 

46:45 ステレオタイプを活用するという方法

ステレオタイプというのは典型的な人格モデルのことで、「熱血教師」だとか「ツンデレ」だとか、そういう人格のタイプのことを指します。

これらを上手に学習に使うとある効果が・・・一体どうやって使うのか?

 

49:32 頭が真っ白は真っ黒の間違いだった!

よく緊張すると頭が真っ白になるという話がありますが、実は真っ黒の間違い。

「これはこうして、あれはああして」という一時的に脳内で作業をスペースをワーキングメモリーという呼びます。

いわゆる短期記憶にも分類される領域ですが、心理的なストレスがかかるとこのスペースがパンパンになってしまいます。

結果として脳の処理が極端に遅くなってしまうのですが、これを回避する手軽な方法の紹介があります。しかも試験中にちょっと時間を取るだけで冷静さを取り戻すことも可能に!

社会人の方でも資格取得のために試験を受ける機会があると思いますので、学生さん以外でも有効活用できます!

 

放送URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1455265487

※会員の方以外は視聴不可です

 

ということで、放送内容をまとめてみました!

DaiGo師匠の放送を学習していく第一歩としては、最も適切な放送なのではないでしょうか?

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ